MENU

すそわきがの対策におすすめのミョウバン

すそわきがの対策におすすめなのがミョウバンで、古代ローマ人が制汗剤として使用していた最も古いデオドラント剤です。

 

簡単に説明するとカリウムやアンモニウム、アルミニウムといった複数の金属が結ばれた硫酸塩で以下のような使い方ができます。

 

  • 生ごみの消臭
  • 鍋についた焦げの除去
  • 顔のニキビケア
  • 汗やわきが臭の消臭
  • 水虫の対策
  • 入浴剤の代わり

 

実際にミョウバンが含まれたデオドラント剤は販売されており、なぜすそわきがの対策にも効果的なのか以下ではまとめてみました。

 

  • 高温多湿の環境で繁殖しやすい細菌を殺菌する作用
  • 汗の分泌を抑える制汗作用
  • 肌の表面を引き締めてバリア機能を高める収れん作用

 

つまり、すそわきがの原因となる汗と雑菌の繁殖の両方を食い止められるため、ミョウバン水を自宅で作ってスプレー容器へと移して使っている方が多いのです。

 

デリケートゾーンのすそわきがだけではなく、脇の下のわきがや加齢臭、足の裏の臭いといったケアとしても役立ちます。

 

ドラッグストアやスーパーといった場所でミョウバンは市販されており、50gと精製水1,500mlをペットボトルに入れて溶かせば完了です。

 

脇の下や陰部は蒸れやすいので臭いが酷くなりやすく、スプレーとしてシュッシュと吹きかければ皮膚表面が酸性になって細菌の繁殖が抑制されるので臭い物質の生成を予防できます。

 

市販されている制汗スプレーは消臭効果が弱いですし、酸化防止剤や防腐剤といった肌トラブルの原因となる添加物を含んでいることが多いのでミョウバン水を使ってみるのは良いかもしれません。

 

ただし、ミョウバン水を使ってすそわきがの対策を行うに当たり、幾つかの注意点があるのできちんと確認しておきましょう。

 

上記で作ったミョウバン水は原液なので10倍に薄めて吹きかけなければならない

薄めた後は1週間前後で使い切らないと品質が悪くなる

乾燥肌や敏感肌の人は合わなくて痒みやかぶれに繋がる場合がある

殺菌作用が強いので1日に何回も使っていると炎症が引き起こされる

 

肌質が弱い方にとっては刺激が強いですし、陰部は皆さんが想像している以上にデリケートな部位なので肌トラブルには注意が必要です。

 

もし、ミョウバンが肌に合わないという女性には、当サイトでご紹介しているデオドラントクリームのクリアネオをおすすめします。

 

クリアネオはミョウバンのように刺激は強くありませんし、人工的に作られた添加物は全て除去されているので安全にすそわきがを対策したいという方は一度使ってみてください。

 

<<クリアネオ>>

このページの先頭へ