MENU

タバコとすそわきがのニオイの関係は?

人によっては、体から強い臭いが発生している事があります。

 

本人は全く気が付かなくても、知らず知らずに悪臭が生じている事もあるのです。

 

当然それは、エチケットにも関わってくるでしょう。

 

中でも、すそわきがで悩んでいる方々は多いです。

 

女性の方々からすれば、デリケートゾーンの悪臭は深刻な問題と言えるでしょう。

 

そしてデリケートゾーンから生じる悪臭は、タバコとは関係があるのです。

 

 

汗の分泌量と臭気の強さの関係

悪臭の程度が強くなってしまうか否かは、ボリュームに左右される一面はあります。

 

そもそも悪臭が生じるとは言っても、あまりボリュームが少なければ問題はありません。

 

たとえ汗が生じても、少量ならばそれほど問題無いとは見込まれるでしょう。

 

逆にボリュームが多いのは問題です。

 

やや汗の分泌量が多くなってしまう時には、ちょっと臭気が強くなる事はあるからです。

 

 

神経に対する刺激と発汗量との関係

汗の分泌量は、神経とも大きな関係があります。

 

基本的には、何も刺激が生じていないのが理想的です。

 

何も刺激が生じていなければ、神経としても汗を働くように働かない訳です。

 

もちろん、逆のパターンもあります。神経に対する刺激がやや大きくなった時などは、汗の分泌量は増加しがちです。

 

それで上記でも述べた通り、汗が多く分泌されてしまえば、それだけ悪臭の程度も高まってしまう訳です。

 

ですから神経と悪臭は、相互に密接な関連性はあります。

 

 

タバコの中に含まれる刺激物

テレビなどでは、タバコに関する問題点が色々クローズアップされています。

 

喫煙するのは、あまり良くないと強調されている事もあるでしょう。

 

なぜタバコに問題があるかというと、その中に刺激性が強いものが含有されているからです。

 

少なくともタバコから生じる臭いからも、それは明らかでしょう。

 

身の回りにある他の物品と違って、かなり強い臭いを発しているのは間違いありません。

 

またタバコの中には、ニコチンなどが含有されているのです。

 

それは神経に対して、やや大きな刺激を加えてしまう傾向があります。当然それは、悪臭の原因になってしまう訳です。

 

 

タバコ内の成分が吸収されて臭いが強くなる

また上記のような刺激物は、残念ながら体内に吸収されてしまう事があります。

 

その影響はとても深刻で、血管の中に有害成分が入ってしまう事もあるのです。

 

その結果、悪臭が生じるようになるという流れがあります。

 

上記のような状況ですから、少なくとも喫煙と悪臭との間には、相互に密接な関連性がある事だけは間違いないでしょう。

 

 

タバコを吸うとすそわきがに悪影響なの?

すそわきがの状態は、程度の違いはあります。少なくとも、個人差がある事だけは間違いないでしょう。

 

 

人によって悪臭のレベルが違う

例えばAさんとBさんがいるとして、どちらもすそわきがの状態であるとします。

 

しかしAさんとBさんは、全く臭気が同一であるとは限りません。Aさんの方が、Bさんよりは強い事もあるのです。

 

つまり、個人差が存在する訳です。

 

 

悪臭のレベルと体内状況の関連性

なぜ個人差が生じるかというと、体内に関する環境の差が挙げられます。

 

そもそも体内の環境は、人によって違う事は間違いありません。

 

AさんとBさんは、明らかに体内成分なども異なりますし、新陳代謝などの違いもあるでしょう。

 

そういった成分などの違いは、やはり臭気にも関わってくる訳です。

 

 

タバコが体質を変化させてしまう

ところで上記のBさんは、稀にAさんのようになってしまう事があります。

 

Bさんが普段たしなむ物によって、体質が変わってしまうからです。

 

例えば食生活などは、体内の環境を変化する事はあります。

 

老廃物が多い方々などは、ちょっと臭いが強い事もあるでしょう。

 

お腹の中に悪臭の原因が溜まってしまえば、すそわきがの臭気が強くなってしまうのも当然です。

 

同じ事は、タバコに対しても言えるのです。タバコの中には、あまり良くない物が入っているとテレビで紹介されている事はあるでしょう。

 

現に、それはその通りです。

 

ですから、Bさんはある時までは特にタバコを吸っていなかったとします。

 

ところがある時から喫煙し始めますと、体内の状況も変わってくる訳です。

 

それがきっかけで、体質が変化してしまう場合があります。最終的には、Aさんのように変化してしまう訳です。

 

つまりタバコは、すそわきがには悪い影響はある訳です。

 

タバコを吸うとすそわきがのニオイが強くなる原因は?

タバコの中には、様々な成分が入っている事だけは間違いありません。

 

それで成分によっては、人間の臭気に関する変化を引き起こす場合があります。

 

臭いが強くなる事もあるので、注意が必要です。

 

 

車内のヤニの臭いが気になる

ところで多くの方々は、タバコの臭いを大変気にしています。

 

現にそれは、日常的に用いる物品に対してこびり付いてしまう事もあるのです。

 

よく言われる話の1つに、自動車内のヤニの臭いです。車を運転する方々は、たまに喫煙をしています。

 

それは良いのですが、非喫煙者が自動車に乗ってくる事もあるのです。

 

喫煙していない方々の場合、自動車内で悪臭を感じる事もあります。

 

なぜ車内に悪臭が立ち込めるかというと、上記でも触れたヤニの臭いです。

 

それが自動車の様々な箇所に付着してしまい、悪臭を発生させる原因になるのです。

 

 

ヤニが悪臭を強くする

それで上記でも触れたすそわきがも、それは例外ではありません。

 

ヤニの臭いというのは、体内に対しても付着してしまうのです。

 

血管や胃腸に対してヤニが付着する事も、しばしばあります。

 

それですそわきがの悪臭は、そもそも血液も関わっているのです。

 

血液内の状態があまり良くないと、どうしても臭いが強くなる傾向はあります。

 

つまり、ヤニがすそわきがの悪臭をエスカレートさせてしまう訳です。

 

 

ビタミンCと悪臭の関連性

ところで人によっては、あまりデリケートゾーンからの悪臭の程度が、それほど強くない事もあります。

 

その場合、ビタミンCが関わっている事もあるのです。

 

そもそも悪臭が強くなるか否かは、過酸化脂肪酸と大きな関連性があります。

 

あまりその脂肪酸の量が多いと、どうしても悪臭の程度は強くなってしまいがちです。

 

それでビタミンCという成分は、その脂肪酸を抑制してくれる効果があります。

 

それは、もちろんすそわきがにも関わってくるのです。

 

 

ビタミンC破壊によって悪臭が強くなる

ところが人間が摂取する物によっては、ちょっとビタミンCに悪い影響を及ぼしてしまう場合があります。

 

その一例が煙草なのです。

 

タバコには、やはり有害な成分が色々含まれています。

 

生活習慣病との関連性が指摘される事もありますが、それはタバコの中に良くない物が含まれているからです。

 

それでタバコ内の有害成分によっては、ビタミンCに対する悪影響があります。

 

残念ながらタバコの中に含まれる成分の一部は、ビタミンCを壊してしまうからです。

 

当然それは、上記の臭いの抑制とは大きな関係があります。

 

臭気を抑えてくれる効果があるビタミンCが破壊されてしまう訳ですから、すそわきがの臭いも強くなってしまう訳です。

 

すなわちタバコによって、臭いの程度がレベルアップする事になります。

 

 

他の成分も臭いを強くしてしまう

何もビタミンCやヤニだけではありません。タバコの中には、有害な成分が多種類含有されているのです。

 

それらが血液の状態を悪くしてしまい、体内環境を悪化させる事はよくあります。最終的には、すそワキガにも悪い影響を及ぼす訳です。

 

このようにタバコというのは、悪臭をエスカレートさせる原因にはなります。

 

ですからデリケートゾーンから生じる臭いが気になる方々は、喫煙を控えるよう検討している事も大変多いです。

このページの先頭へ