MENU

すそわきがおニオイや発生する場所について

すそわきがの臭いについて、悩んでいる方も多いです。

 

ですが、デリケート場所の問題なので、人に聞くのが恥ずかしい、そう考える方も多いでしょう。

 

今回は、すそわきがの臭いについて、詳しく解説したいと思います。

 

 

すそわきがはどんなニオイがするの?

陰部の臭いには種類があり、臭いによって原因は違います。

 

すそわきがかどうかは、臭いで判断してください。

 

ただ、すそわきがの臭いには、個人差があります。

 

ます、すそわきがの悪臭の原因の物質には、種類があります。

 

スパイシーな臭いや硫黄の臭い、脂肪酸の臭いが交じり合った臭いがすそわきがの悪臭です。

 

さらに織物や経血、尿がまじりあうことによって違う臭いに変化します。

 

それらの割合によって臭いが大きく変わるので、パターンも人それぞれ違います。

 

一般的に多いと言われているのが、玉ねぎの臭いです。

 

すそわきがは、玉ねぎのようなツンとする臭いや、ネギのようなにおいを感じることが多です。

 

また、鉛筆や墨汁といった臭いも、すそわきがではありがちです。

 

ただ、人によっては、鉄やお酢の臭いがすることもあり、一概には言えません。

 

男性の場合は、すそわきがの臭いは、薄い傾向にあります。

 

ただ、女性と同様に酸っぱい臭いが感じられるので、確認してください。

 

性交行為時に臭いが強くなる傾向もあるので、パートナーに聞くとわかりやすいです。

 

白の下着を着て、臭いや色を見る、といった方法も有効です。

 

ただ、陰部の臭いの原因が全てすそわきが、というわけではないので注意の必要です。

 

ただ単に、汚れがたまっているだけ、とういうことも十分に考えられます。

 

まずは、清潔にしてから、臭いを確認してみましょう。

 

また、場合によってはすそわきが以外の、病気の可能性も考えられます。

 

イカのような臭いやアンモニア臭ならば、膣内で雑菌が繁殖している場合もあります。

 

膣内の洗浄が必要な場合もあるので、病院を受診してください。

 

また、腐ったような臭いがある場合には、性病が疑われます。

 

陰部に臭い以外の異常があるようならば、高確率で性病なので、早急に病院で診てもらいましょう。

 

すそわきがは、自分ではわかりずらいです。

 

下着の臭いを確認するなど、自分でどのような臭いがするかチェックしてみましょう。

 

また、ワキガが臭う人は、すそわきがも臭うことが多いです。

 

すそわきがの臭いが心配な方は、一度病院で診てもらいましょう。

 

 

すそわきがはどこから臭うの?

すそわきがは、陰部周辺一帯から臭います。
すそわきがは、アポクリン汗腺からでる汗によって引き起こされます。

 

汗がもとになって繁殖した雑菌が、すそわきがの悪臭の原因です。

 

基本的には、院毛が生えているところにアポクリン汗腺が存在します。

 

院毛の生えている範囲内が、臭いの発生源になってしまいます。

 

女性の場合は、股の間や恥丘など、様々な場所から臭いが発生します。

 

さらに、すそわきがには、生理やおりものといった汚れも関係してきます。

 

陰部の蒸れや汚れが発生しやすい、外陰部が一番臭う場所です。

 

ただ、すそわきがは、膣内から臭うことはありません。

 

膣内が臭う場合は、他の病気が考えられるので、病院を受診しましょう。

 

男性の場合は、垢がたまりやすく汗腺が多い陰嚢や恥丘が、臭いやすいです。

 

毛が生えているところが臭いやすいのは、女性と同じなので、しっかりと確認しましょう。

 

 

アポクリン汗腺の数で臭いが違うの?

すそわきがには、アポクリン汗腺が大きく関係しています。

 

すそわきがになりやすい人は、アポクリン汗腺も多い傾向にあります。

 

アポクリン汗腺が多いと、雑菌繁殖の原因になる、汗も出やすくなります。

 

結果、すそわきがの臭いも、強くなってしまいます。

 

アポクリン汗腺の数は生まれつき決まっていて、遺伝によって左右されます。

 

両親のアポクリン汗腺の数は、子供にも高い確率で遺伝します。

 

両親ならば8割の確率で、片親ならば5割の確率でわきが体質は遺伝してしまいます。

 

両親がすそわきがに悩んでいる場合は、注意が必要です。

 

また、アポクリン汗腺は、陰部以外にも存在します。

 

アポクリン汗腺は脇にもあり、ワキガの原因になります。

 

脇のアポクリン汗腺が多い人は陰部のアポクリン汗腺も多く、すそわきがにもなりやすいです。

 

ワキガに悩んでいる方は、すそわきがに悩んでいる人が多いです。

 

ただ、アポクリン汗腺の数が多い人の全てが、すそわきがになるわけではありません。

 

脇よりもアポクリン汗腺が少ないことが多く、ワキガよりもなる確率は低いです。

 

日ごろのお手入れをしっかり行っていれば、すそわきがは防ぐことができます。

 

常に清潔を心がける、陰毛の処理をしかっかり行う、といった対処をしっかりと行いましょう。

 

それでも体質によって、すそわきがが改善できないこともあります。

 

アポクリン汗腺の数を減らしたり、汗の出を抑制することで、臭いは劇的に抑えることができます。

 

すそわきがの治療法は色々あるので、一度病院で相談してみましょう。

このページの先頭へ