MENU

すそわきがのニオイとストレスは関係があるの?

すそわきがの臭いにお悩みの方も、多いと思います。

 

通常、すそわきがの原因は、汗による菌の増殖や不規則な生活習慣です。

 

清潔にする努力をしたり、生活習慣を改善することで、すそわきがが治ることも多いです。

 

ですが、それでもすそわきがが治らない場合は、ストレスが原因の可能性が考えられます。

 

ストレスや緊張による発汗やホルモンバランスの乱れは、すそわきがになる大きな要因です。

 

特に、急なすそわきがになってしまった場合は、ストレスを疑いましょう。

 

生活習慣の急激な変化や多忙さで、急にすそわきがになることも多いです。

 

すそわきがになったなら、日ごろストレスを貯めていないか、よく考えてみましょう。

 

ストレスを貯めこむと、すそわきがの臭いはどんどん強くなっていきます。

 

すそわきがを気にすることがストレスに繋がり、悪循環に陥ってしまうことも考えられます。

 

ストレスが原因のすそわきがは、いくら陰部を清潔にたもっても、根本的な改善にはなりません。

 

ストレスを解消することが、すそわきが改善への一番の近道です。

 

 

ストレスでニオイが臭くなる原因は?

ストレスですそわきがの臭いが臭くなる原因は、いくつか考えられます。

 

すそわきがの臭いの原因は、様々な要因によって発生する雑菌だと言われています。

 

人はストレスや緊張を感じると、汗をかくようになっています。

 

基本的に汗自体が臭うことはありませんが、蒸れや汚れの原因になってしまいます。

 

さらに、ストレスを抱えた生活を続けると、すそわきがの原因になるアポクリン汗腺も肥大していきます。

 

ホルモンバランスも崩れてしまい、汗をかき易い体質になってしまいます。

 

汗を多量にかくことで、雑菌が繁殖しやすい体になってしまうのがすそわきがの原因の一つです。

 

さらに、ストレスをため込んだ体は、免疫力も低くなってしまます。

 

元々、デリケートゾーンの周囲は、一定の体温と湿度もあり、菌が増殖しやす環境です。

 

免疫力が低くなると、菌への抵抗力もどんどん下がっていってしまいます。

 

体の自浄作用もなくなり、菌が増殖しやすい環境を作ってしまうことになるのです。

 

また、ストレスは、肝機能の低下も招きます。

 

通常、アンモニアは肝臓が解毒することで、尿素として体外に排出されます。

 

ストレスがたまると解毒をうまくすることができず、アンモニア臭がそのまま対外にでてしまいます。

 

結果、陰部の臭いとなることもあり、すそわきがの原因になってしまいます。

 

また、すそわきがでお悩みの方は、男性よりも女性が多いと言われています。

 

女性の場合、ストレスによる女性ホルモンの減少も、すそわきがの原因の一つと言われています。

 

女性の膣内はデリケートで湿度もあり、雑菌も繁殖しやすい環境です。

 

女性ホルモンが減ってしまうと、雑菌の増殖を防ぐ常在菌も減ってしまいます。

 

さらに、ストレスを感じると、おりものにも変化が現れます。

 

おりものの量が増加してしまい、雑菌が繁殖する原因にもなってしまいます。

 

また、おりもの自体から異臭がすることあり、すそわきがの原因になります。

 

すそわきがを改善したい時には、ストレスの原因を取り除くことが一番重要になってきます。

 

 

ストレスをためないおすすめの解消法は?

ストレスをためないようにするには、ストレスの原因を探ることが重要です。

 

疲れはストレスの原因になることが多いので、十分な休息をとるようにしましょう。

 

また、睡眠をしっかりととることで、ストレス解消も行えます。

 

一定時間の睡眠と、質の良い睡眠を確保できるようにしてください。

 

起きる時間と寝る時間を一定にして、深い眠りについてください。

 

寝る一時間前には,テレビやスマホを避けると、睡眠も深くなります。

 

また、ストレスをためないように、好きなことをする時間を作るとよいでしょう。

 

趣味やスポーツといった、自分がやってて楽しいことをしてください。

 

また、人といるとストレスもたまってしまいちです。

 

お風呂にゆっくり浸かったり、アロマオイルを焚いてみたりと、ゆったりできる時間を作りましょう。

 

音楽を聞いたり、読書をするのも、余計なことを考えずに済むので、お勧めです。

 

ただ、これらの解消法は、忙しくて無理だ、という方もいると思います。

 

誰にでもできる一番簡単なストレス解消法は、深呼吸です。

 

ゆっくりと深呼吸すると、体はとてもリラックスできます。

 

緊張も和らぎ、ストレスを軽減する効果が期待できます。

 

お腹に手を当てて、腹式呼吸をおこなってみましょう。

 

深く息を吸い、ゆっくりと時間をかけて息を吐くようにしてください。

 

朝起きた後や、寝る前や休憩中など、いつでも行っていただけます。

 

ストレスを感じた時に行うと、落ち着くことができますし、気分転換にもなります。

 

深呼吸ならば、時間や場所もといません。

 

ストレスにお悩みの方は、一度試してみてください。

 

ストレスによるすそわきが解消にも、有効です。

このページの先頭へ