MENU

あそこから玉ねぎのニオイがする原因とケア方法

一日の終わり。

 

さあ、帰ったらお風呂に入ろう・・・と思って靴を脱ぐためにしゃがんだら、どこからかつんと玉ねぎのようなにおいがした。
そんな経験ありませんか?

 

パートナーとのHの時、どうしてか彼氏が下半身に顔を近づけなくなった。
そういった心当たりはありませんか?

 

女性の陰部から発する匂い、原因は色々ありますが、もし上記のようなことに心あたりがある場合、もしかしたらそれは「すそわきが」が原因なのかもしれません。

 

 

すそわきがって、なに?

そもそも、すそわきがという言葉自体、耳慣れない人も多いのではないでしょうか。

 

すそわきがとは陰部からわきが臭がする状態の事で、ほとんどの人は陰部だけがにおうわけではなく、わきの下と同様のにおいが陰部からも発せられている状態です。

 

そのわきが臭というのは、首や足の汗の匂いとは全く異なり、よく言われるのは玉ねぎのツンとした刺激臭に近いにおい、スパイス(クミンなど)のにおいに近いと言われています。

 

 

すそわきが、どうしてにおうの?

わきがのにおいの原因、結論から言うと汗からくる匂いです。

 

人間の体にある汗の出るところ、汗腺には二種類あります。

 

一つはエクリン腺といわれます。これは、体全体の皮膚に存在し、汗を分泌することで体を冷やす効果があり、成分のほとんどは水です。

 

もう一つはアクポリン腺といわれます。

 

これは、わきや陰部、耳の中など、体の一部の部分の、しかも毛穴付近にしか存在せず、緊張したり興奮状態になった時に汗を分泌します。

 

そして、汗の主成分である水分のほかに、脂質、タンパク質、アンモニアなどを含んでいます。

 

エクリン腺もアクポリン腺も、どちらも汗自体はほぼ無臭です。

 

しかし、肌の表面に住んでいる常在菌が時間の経過とともに汗を分解することで、エクリン腺は酸っぱいような、いわゆる汗臭いにおいを発し、アクポリン腺はたまねぎのような刺激のあるにおいを発します。

 

この玉ねぎのようなにおいが、一般的に「わきが」と呼ばれ、特に陰部からこのにおいが発せられたら「すそわきが」と呼ばれます。

 

 

すそわきが、におう人といない人がいるのはどうして?

エクリン腺もアクポリン腺も、量の違いはあれどすべての人間に存在します。

 

ではなぜ、わきが臭がする人としない人がいるのか?それは、においの元であるアクポリン腺の大きさ、量が関係すると言われています。

 

アクポリン腺の大きさや量は、遺伝によって決められる傾向が強い優性遺伝である為に、両親のどちらかがアクポリン腺がよく発達して量が多かった場合、その性質をかなりの確率で受け継ぎます。

 

わきが体質であるかどうかは生まれながらに決まっている場合が多く、後天的な要因である場合は稀有です。

 

つまり、遺伝により生まれつきアクポリン腺が多く大きい人がワキガ体質と呼ばれます。

 

一般的に、日本人でわきが体質の人は10人に1人、すそわきがに至っては100人に1人の割合と言われています。

 

この比率は国や人種によって多く異なりますが、黄色人種はアクポリン腺が少なく小さい傾向にある場合が多く、そのためにかぎなれない体臭をわきがと呼ぶようになったと言われています。

 

 

すそわきが、セルフチェック

自分がすそわきがであるかどうか、気になりますよね?

 

下記の5つのポイントをチェックして、心当たりがあればすそわきがと考えた方がいいかもしれません。

 

  1. 下着を使っていると、黄色いシミができて取れなくなる
  2. パートナーに陰部がにおうといわれたことがある
  3. 耳垢が湿っている、わきの下からわきがのにおいがする
  4. 親兄弟にわきが体質の人がいる
  5. 陰部の毛が人より濃い

 

特に1は、重要なチェックポイントです。

 

先ほど言ったようにアクポリン腺はタンパク質や脂質を含んでいるため、それが衣類に繰り返し付着すると黄色いシミとなります。

 

それは明らかに尿やおりものなどとは違い、通常の洗濯では取れないので、アクポリン腺の量や大きさを測る重要な指針となります。

 

 

すそわきが、ケア方法

自分がすそわきがだとわかったら、とてもショックですよね。

 

でも、悲しんでばかりはいられません、正しい知識を得てきちんとケアをしていれば、においはかならず最小限に抑えられます。

 

陰部(毛がある部分)を常に清潔に保つ

ワキガのにおいの原因は、アクポリン腺から分泌される汗が皮膚の常在菌や雑菌に分解されることで悪臭を放ちます。

 

そのため、原因の汗と雑菌を石鹸などで定期的に洗い流すことでにおいの発生源を一時的に除去することができます。

 

ただし、注意したいのは、陰部をきれいに、といっても膣付近やその中まで洗いすぎると、本来膣にある自浄作用のバランスがくずれ、新たなにおいの原因になりかねません。

 

しかも、アクポリン腺は毛穴付近にのみある汗腺ですので、毛のない膣周辺をきれいにするのは意味がありません。

 

あくまでも毛のある部分を中心的に清潔に保つこと。気になるようであれば、お風呂に入る前に、陰部の具体的にどこからにおいが発せられているか、指でこすって確認しましょう。

 

 

デリケートゾーン専用のデオドラントクリームなどを使用する

わきなどに使うデオドラントスプレー、やっぱり粘膜などもある陰部に使用するのは抵抗がありますよね。

 

そんな場合は、すそわきが専用として作られたデオドラントクリームが多く売られています。

 

無臭のものもありますし、さわやかな香りつきのものまでありますので、お好みで選ぶといいでしょう。

 

 

食生活を見直す

肉メインの食生活は、体温を上昇させることにより汗をかきやすくし、タンパク質を分解する時に発するアンモニアや脂質が酸化する時に発する酸化臭がにおいの原因となりえます。

 

過剰な肉の摂取は、すそわきがの香りを一層強くする原因にもなりえますので控えましょう。

 

また、ニンニクやニラなど、香りの強すぎる野菜も体臭に影響がありますので、摂取を控えるといいでしょう。

 

 

アクポリン腺を除去する手術を受ける

どうしてもにおいを根本から絶ちたい、という方は美容整形の病院などで皮下にあるアクポリン腺を除去する手術なども存在します。

 

いずれにしろデリケートな部位ですし、失敗例も散見する治療方法ですので、信頼できる医師にかかり相談することが重要です。

 

 

まとめ

すそわきがは、陰部のアクポリン腺から分泌された汗が分解された時のにおいで、うまれつきアクポリン腺が発達している人に多くみられる匂いです。

 

自分できちんと状況を確認し、ケアを正しくすることで、においは最小限に必ず押さえらえます。

 

すそわきがで悩まない生活をエンジョイしましょう!

 

このページの先頭へ