MENU

おりものが臭い!その時どうする?間違った対象法あるの?

おりものが臭い時って、自分から放つにおいが気になりますよね。人に迷惑をかけていないか?と思い、人目が気になります。しかしおりものの臭いは自分でなかなか対処できるものではありません。体内から出てくるものですから。
しかし、早くにおいを取りたいと思うばかりにやってしまいがちな行動があるのですね。その間違った対処法をご紹介します。

 

つい洗いすぎてしまうこと

おりものが臭うときには、何らかの菌に感染しているのでは?と思ってついついきれいに洗ってしまおうとします。しかし実際は、洗いすぎによって逆に粘膜を傷つけたり、乾燥によって肌が痛んだりすることもあるのです。そのために洗い過ぎは禁物です。

 

また粘膜の部分は通常の石鹸で洗ってはいけません。では実際にはどのようにしたらいいのでしょうか。念入りに洗うのは、一日に一度でかまいません。その時にもごしごし洗うのではなく、泡をたててゆっくり洗いましょう。また汚れが気になる、においが気になるという場合は、下着を交換したり、おりものシートを交換して、おりものをそのままにしないように気を付けます。

 

膣の中には常在菌がいて、本来は膣環境を働きをしています。そのため、膣の中は石鹸で洗ってはいけません。それでも気になる場合は、できれば膣専用の洗浄液、ビデで洗うと効果的です。

 

においが恥ずかしいからといって、彼氏に黙っておくのは間違い!

おりものが臭っていて恥ずかしいという場合、彼に黙っている人もいます。しかし彼に黙っておくのは禁物です。おりものが臭くなる原因の一つに性行為感染症というものがあります。
もしもその性行為感染症の可能性があれば、彼も感染している可能性があるのですね。つまり自分だけ彼に黙って治療をしても、彼がそのままであれば、、また繰り返すことがあるのです。

 

そのため、もしもおりものが臭いなと思ったら彼に報告することが一番です。そして一緒に病院に行くのです。一緒に治療をすることによって改善させることができるので、感染症を繰り返すことはありません。

 

もしもこんなことを言って彼に嫌われないかな?と心配になる人もいるかもしれませんね。しかしその場合、そんなことで責めたり嫌ったりする彼は、自分を大切にしてくれない人と考え、もう一度二人の関係を見直した方が良いかもしれませんね。本来は心配をしてくれる彼が一番です。

 

まとめ

おりものはデリケートなことなので、あまり人に相談したりすることなく、自己判断しがちです。しかしこんな時こそ、一番身近にいる人に相談したり専門家に相談することが大切なのです。そしておりものの臭いを正しい方法で改善させていきましょう。

このページの先頭へ