MENU

すそわきがのニオイが夏より冬の方がひどい理由は?

汗の分泌量減少

冬は夏の暑い日に比べて、汗をかく量が大幅に減ります。
汗の分泌量が減ると、皮脂や老廃物が流れにくくなり、毛穴に詰まりやすくなります。皮脂や老廃物が詰まると、ニオイがさらに強くなってしまいます。
さらに、汗の分泌量が減ることにより、代謝が悪くなるため蒸れやすくなってしまいます。
夏場は衣服を着替える機会が増えますが、冬場は一日中着替えずにいるため、蒸れが悪化しニオイを発生させてしまいます。
また、冬場は気温が低いため暖房をつけたり、厚着をします。それにより、蒸れやすくなるのです。冬場は洗濯の回数も夏場より減るため、ニオイを発生しやすい時期なのです。
毛穴に汚れが詰まると、ニオイを発生させる箇所の環境が悪くなり、老廃物や古い角質をエサとした常在菌が増殖し、ニオイの原因となります。

 

乾燥による皮脂過多

冬は夏に比べてものすごく乾燥します。乾燥対策をしていない肌は、あっという間に乾燥してしまいます。
乾燥をすると、皮膚は脂が足りてないと思い、皮脂を過剰に分泌してしまいます。皮脂が大量に分泌されると、蒸れてしまいニオイを発生させてしまいます。
通常のワキガでも同じ理由が言えます。夏の汗は次から次へと出てくるため、常に新しい汗が出てきますが、冬はなかなか汗をかかないため、汚れやニオイが詰まった汗を分泌します。
汗の回転率の悪さがニオイの強さに影響してしまうのです。蒸れるからといって、薄着でいると乾燥してしまい悪循環を生んでしまいます。最も乾燥するタイミングは、入浴後です。
冬は特に入浴後のお手入れをしなくてはなりません。ニオイがするからといって、洗い過ぎてしまうとより乾燥してしまい、ニオイが強くなってしまいます。洗いすぎにも要注意です。
また、冬場は浴槽に長く浸かることが増えるため、乾燥させやすくしてしまいます。長時間の入浴は潤いを与えるのではなく、潤いを奪いかねません。長く入っていた分、肌からの水の蒸発量が増え、必要な皮脂まで落としてしまいます。
冬は暖房をつけたままにすることが増えますが、暖房はさらに乾燥させてしまいます。
加湿器をつけるなどの対策をしっかりと行わないと、どんどんニオイを悪化させてしまいます。
また、こたつなどを使用する方は、ニオイを発生しやすい環境をつくっています。こたつの中は蒸れやすく、皮脂を分泌しやすいです。寒いからといってこたつに長時間入っているのは、すそわきがを悪化させる原因です。
これらの理由から夏よりも冬の方がニオイがひどくなるのです。

このページの先頭へ