MENU

すそわきがの対策にはクリームを使おう

「すそわきがを治すには医療機関で手術を受ければ良い」と考えている方は多いものの、以下のようなデメリットやリスクがあるので注意が必要です。

 

・保険が適用されないので高額な費用を負担しなければならない
・デリケートな部位なので術後の痛みが激しくダウンタイムも長い
・皮膚をメスや超音波で切り取る手術は傷跡が残る
・完全にアポクリン汗腺を取り除けないと数年後に再発する

 

焦って手術を受けて失敗したという報告はあるので、すそわきがの対策にはクリームの使用がおすすめとなっています。

 

通販では数多くの種類のデオドラントクリームが販売されており、消臭作用のある成分や汗を抑える成分をバランス良く含んでいるのが特徴です。

 

すそわきが体質の人はVIOラインへとクリームを塗布するだけで良いですし、何よりも肌や身体に負担が加わらないのが大きなメリットなのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

すそわきが対策クリームのおすすめランキングをチェックしよう

 

すそわきがの対策としてクリームが効果的だと説明しましたが、現在では様々な製品が出回っているので選び方で迷っている方は多いかもしれません。

 

そこで、以下ではすそわきがの対策としておすすめのクリームのランキングをご紹介しているので、臭いの悩みを解消するために一度チェックしてみてください。

 

Wの有効成分で臭いを抑えるクリアネオ

 

すそわきが専用のクリームというわけではありませんが、クリアネオにはWの有効成分が含まれていて嫌な臭いを徹底的に抑えてくれます。

 

細菌を殺菌する成分⇒イソプロピルメチルフェノール
汗を抑える制汗成分⇒パラフェノールスルホン酸亜鉛

 

この2種類の有効成分に加えて、7種類の植物エキスを加えて消臭効果や肌の保湿効果を高めている点も特徴の一つかもしれません。

 

天然の植物エキスが配合されたクリームなので刺激性は一切なく、無添加・無香料なので敏感肌の女性も安心して使用できます。

 

それに加えて、期間が特に設定されていない永久保証制度を採用しているところも大きな魅力なのではないでしょうか。

 

「30日間返金保証」「60日間以内ならば返品可能」という化粧品は多くても、無期限と設定されているデオドラントクリームはクリアネオだけです。

 

「アソコが臭っているかも・・・」「彼氏に気付かれてしまったかも・・・」という不安を抱えている方は、クリアネオを使ってすそわきがを対策してみましょう。

 

 

 

保湿成分の配合に焦点を当てたラポマイン

 

一般的なデオドラントクリームとは異なり、ラポマインは保湿成分の配合に焦点を当てています。

 

肌の乾燥によって刺激から守るために皮脂の分泌量が増え、わきがやすそわきがの症状が進行しているケースは少なくありません。

 

だからこそ保湿効果の高い以下のような植物性のエキスがラポマインには含まれています。

 

・大豆エキス
・オトギリソウエキス
・ローマカミツレエキス
・トウキンセンカエキス
・シナノキエキス
・サクラエキス
・ヤグルマギクエキス

 

公式ホームページでは脇の下専用と記載されているものの、無添加で肌に優しい成分しか使われていないのですそわきが対策としても十分に使用可能です。

 

当然のように鼻にツーンとくる臭いを徹底的にカットする成分も含まれているので、症状の緩和のために一度ラポマインを使ってみてください。

 

 

 

 

制汗剤をプラスしてパワーアップしたデオプラスラボ

 

昔からわきがやすそわきがの臭いを和らげられることでデオプラスラボは高い人気を得ていました。

 

しかし、2015年に制汗剤のパラフェノールスルホン酸亜鉛がプラスされてリニューアルし、より高い効果を期待できます。

 

消臭効果に加えて汗を抑える成分も追加されたので、「陰部にかく汗が多くて困っている」という女性にもおすすめです。

 

・香料
・着色料
・鉱物油
・パラベン
・タール系色素
・酸化防止剤
・石油系界面活性剤

 

上記のような添加物が含まれていない無添加のクリームなので、デリケートゾーンへと塗布してすそわきがによる臭いの改善にも繋げられます。

 

自分の肌質に合うのか確かめるために100日間の返金保証制度も用意されており、デオプラスラボの公式ホームページで詳細をチェックしてみてください。

 

 

 

インクリア

インクリアは安全かつ安心な女性のデリケートゾーンのニオイやオリモノ対策のために使うジェルです。
使い方は、とっても簡単でとくにタンポンを使った事のある方なら、ほとんど同じ使い方です。
生理前のオリモノの増加や生理後のニオイ、普段からニオイが気になる方など、誰にも相談できない悩みだからこそ一度インクリアを使ってみてください。

 

膣は自浄作用があります。
ニオイやオリモノが気になるからと、シャワーなどで膣の中まで洗う方もいらっしゃると思いますが、実はこれは、必要な善玉菌まで洗い流してしまい、自浄作用を弱め、さらにニオイやオリモノの原因となってしまう悪循環なんです。
インクリアはそんな心配もありません。

 

 

 

 

 

 

すそわきがのセルフチェックポイント

自分で行うすそわきが対策とは、基本的に主観的な物になります。
これは自分自身が感じている臭いが問題になっている事が理由で、この問題で悩んでいる方の中にはそうではないのに自分がすそわきがと思い込んでしまい行う必要の無い対策している方もいらっしゃいます。

 

ただこの様な時にはセルフチェックを行うことで自分がすそわきがかどうかはある程度判別できますので、このチェックポイントを知っておく事は効率的なすそわきが対策に繋がっています。

 

下着が黄色くなる

まず最も分かりやすい確実性の高いチェックポイントになるのが下着にできた汗ジミで、特に陰部周辺にできた汗ジミが大きなポイントになっています。
すそわきがの原因になっているのは汗なので、その汗に注目する事は確度の高いチェックになります。
そもそもすそわきがの臭いはアポクリン汗腺から排出された汗の臭いになっていて、このアポクリン汗腺から出た汗は乾きにくい事や汗の中に脂質やタンパク質が含まれているので臭いが発生しやすい事が特徴になります。
しかし最大の特徴はその汗が黄色く濁っている事で、アポクリン汗腺から汗が異常に排出されると下着にできた汗ジミも当然黄色くなります。
また、下着に汗のシミができてしまうような状態は多汗症を併発しているケースも多くなります。
基本的に夏場に汗ジミができる事自体には大きな問題は無いのですが、季節を問わずに下着に汗ジミができているような場合には多汗症を起こしていて通常よりも汗が排出されやすい状態になっています。

 

耳垢がしめっている

次のチェックポイントになるのが耳垢ですが、耳掃除をした時に確認できる通常の耳垢は乾燥していて固くなっています。
しかしすそわきがの方は耳垢がしめっているケースが多く、この様に耳垢がしめっている方のおよそ80~90パーセントがすそわきがだとするデータもあります。
これは耳の中にもアポクリン汗腺が存在している事が理由になっていて、アポクリン汗腺が多ければ多いほど排出される汗の量も増えていきます。
また、それはアポクリン汗腺からの汗が異常分泌を起こしている場合も同様の事が言えます。
なので耳掃除などの際に耳垢がしめっている方はアポクリン汗腺から異常に汗が排出されていて、その汗が耳垢をしめらせている可能性が高くなります。
なおこの状態はお風呂あがりなどは該当しませんので、耳垢がしめっているかどうかのチェックは入浴前など耳の中が乾いた状態で行う必要があります。

 

乳首の周りが臭い

デリケートゾーンや耳の中と同じ様に乳首周辺にもアポクリン汗腺は多く存在しています。
なので乳首周辺から感じる臭いもすそわきがのチェックポイントになっていますが、この場合は自分で嗅いでしまうと主観的な問題が出てきますのでできればパートナーに確認してもらう事が良いとされています。
しかし多くの男性はすそわきがの臭いを知らないので、どんな臭いがしているのかやその臭いは不快ではないかなどをキチンと教えてもらう事が重要になります。

 

陰部の毛が濃い

デリケートゾーン周辺に生えている、いわゆるアンダーヘアの濃さもすそわきがのチェックポイントになっています。
この場合はアンダーヘアの一本一本が太い事や一つの毛穴から二本以上生えている時にはすそわきがの可能性が高くなる傾向が見られます。
この様な状態の方もアポクリン汗腺の量が多いとされていますので、アンダーヘアが濃い方はすそわきがの疑いも濃くなります。
ただしあくまでもポイントになるのは毛の濃さで、毛量はさほど大きなポイントにはなっていません。
なのでアンダーヘアの量が多いと言ってもすそわきがとは限りませんし、逆にアンダーヘアの量が少なくても濃く見えるのであればすそわきがの可能性は高まります。
なお、自分でアンダーヘアを処理している方は、その処理した毛の臭いを確認するのも有効な手段になります。
しかし石鹼などをつけてしまうとその香りが移ってしまいますので、可能あれば石鹼などをつける前にハサミなどで数本切って確認する事が良いとされています。

 

両親がわきが

基本的にわきがは優性遺伝しますので両親がわきがの方はアポクリン汗腺の量が増えたり異常を起こしやすくなります。
なのですそわきがになってしまうケースが多いのですが、両親共にわきがの場合はおよそ75パーセント、片方だけがわきがの場合にはおよそ50パーセントの確率で遺伝すると言うデータがあります。
したがって両親がわきがの場合はその子供もわきがである可能性は非常に高くなっていて、それは自分の子供にも影響を与える可能性が出てきます。
ただし優性遺伝と言う事がポイントになっていて、中には全く遺伝していない方も居れば両親共にはわきがではないのに突然すそわきがになってしまう方もいらっしゃいます。
また、両親ではなく親族にわきがの方がいる場合にも遺伝する可能性があります。
この場合の確率は低いのですが、両親と関係なく症状が現れた場合には親族の誰かから遺伝している可能性が出てきます。

 

パートナーに臭うと言われた

パートナーとの性交渉の際にデリケートゾーンが臭うと言われた場合にもすそわきがの可能性は高くなります。
これは自分では近くで嗅ぐことが難しくデリケートゾーンの臭いでもパートナーなら簡単に嗅ぐことができますので、デリケートゾーン周辺が臭うと言われた時には何らかの臭いが発生している可能性は極めて高くなります。
ただ、すそわきがの臭いを正確に嗅ぎ分ける事のできる男性はほとんどいません。基本的にどの様な臭いかは分かっていませんので、パートナーにに臭うと言われた場合でもそれがすそわきがではないケースもあります。
例えば、オリモノの臭いを感じている場合もあれば単純にデリケートゾーンが不衛生だったと言う事もあります。なのでパートナーの言葉をそのまま信じるのではなく、自分で確かめてみることが重要になります。
この時に有効な手段になるのが自分で下着を嗅いでみる事で、100パーセント確実に判断する事はできませんがある程度判別可能になります。
これは自分では直接嗅ぐことが難しいデリケートゾーンの臭いでも、そこに近い位置にある下着を嗅ぐことで間接的に臭いを確かめる事ができることを意味しています。

 

なので下着の臭いを自分で嗅ぐことは非常に有効な手段になっているのですが、一点だけ注意点があります。
それはできれば脱いだ直後に嗅いでみる事で、時間が経ってしまうと臭いが薄れてしまいますし洗濯した後の下着でほとんど意味がありません。
なおこの時に明らかな異臭がしていた場合には重大な婦人科系の病気にかかっている可能性がありますので、自分で下着を嗅いでみた時にわきが以外の臭いや嫌悪感を覚えるような悪臭を感じたら医師の診察を受けた方が良いと言えます。
この様にすそわきがのチェックポイントはいくつかありますが、いずれにせよ主観的ではなく客観的な事実がポイントになっています。
例えば下着の汗ジミは自分で目視確認できますし、耳垢がしめっている場合にも自分の目で確かめる事ができます。
さらに乳首周辺の臭いやデリケートゾーンの臭いなどはパートナーに直接確認してもらう事ができます。
なので自分がすそわきがかかどうかを疑った時には、まずはセルフチェックを行い自分の臭いを客観的に確かめる事が何よりも大切なポイントになります。

 

すそわきが対策に有効な、自分でできる3つの方法。

「すそわきが」と聞いてもピンと来ない人も、「デリケートゾーンの嫌なニオイ」と聞けば「あぁ、あれか」と納得するのではないでしょうか。
ほとんどの女性は、デリケートゾーンの嫌なニオイを感じたことがあるはずです。生理前などは特にひどく、下着を下ろす度に憂鬱な気分になりますが、一過性のものはすそわきがではありません。すそわきがは体質で、わきがの人はすそわきがである可能性が高いです。また両親がわきがであったり、耳垢が湿っている人も、高確率でわきが、すそわきがでしょう。

 

女性にとって、すそわきがはわきが以上に嫌なものかもしれません。気のおけない親友にでさえ、すそわきがの悩みを相談することに、抵抗を感じるでしょう。ひとりで悩んでいる人も多いと思います。自分でこっそりできる、すそわきがの対策法には一体どんなものがあるでしょうか。

 

食生活に気をつける

肉類を好んで食べている人は、少し控えるようにしてください。アポクリン汗腺から分泌される汗と、皮膚にいる細菌が混ざって、嫌なニオイを発生させるのがすそわきがの原因ですが、動物性たんぱく質である肉類はアポクリン汗腺を刺激し、汗の分泌を促す性質があります。肉食文化の欧米人の体臭がきついのはそのためです。野菜類を多く食べるようにしましょう。

 

風通しをよくする

蒸れると汗をかきやすくなり雑菌が多く繁殖し、すそわきががキツくなります。風通しの良い衣類を身につけるようにしましょう。下着も通気性の良いものを選ぶ必要があります。流行りのスキニージーンズなどは避けたほうが良いでしょう。スカートだとニオイが周囲にばれるのではないかと心配かもしれませんが、ジーンズよりも風通しが良いので、すそわきがを悪化させることはないでしょう。

 

汗を拭き、常に清潔に保つ

デオドラントシートでデリケートゾーンを拭くのも有効です。ニオイの元を取り去ることができるからです。敏感な部分なので、あまり強くこすると肌荒れを起こすことがあります。やさしく拭うようにしましょう。トイレにビデがついてる場合はそれを利用してください。特に生理前はおりもの量が増え、ニオイも強くなる傾向があります。こまめに拭くことで、予防しましょう。

 

このようなことに気をつけていれば、デリケートゾーンの嫌なニオイを、ある程度抑えることができるはずです。それでも強く臭う場合は、専門家に支持を仰ぐほうが良いでしょう。

脱毛ですそわきがを対策しよう

すそわきがの対策はクリームの使用だけではなく、陰毛の脱毛も効果的な方法の一つとなっています。

 

一昔前に海外のセレブが衛生的な女性を目指すためにVIOラインのムダ毛をスッキリと処理したことで、ハイジニーナ脱毛が日本でも流行り始めました。

 

Vライン:アンダーヘアが生えている女性の逆三角形のエリア
Iライン:女性器があるデリケートゾーンのエリア
Oライン:肛門付近のケツ毛が生えているエリア

 

上記の部位のムダ毛を処理するのがハイジニーナ脱毛で、エステサロンの光脱毛や美容クリニックのレーザー脱毛が女性から人気を得ています。

 

自分の目では確認しづらい部位なのでカミソリや電気シェーバーで処理するのが非常に難しく、怪我をするリスクを考えれば医師やエステティシャンに任せた方が良いのはお分かり頂けるはずです。

 

以下では、ハイジニーナ脱毛がすそわきがの対策として効果的だと言われている理由を幾つか挙げてみました。

 

・ムダ毛がボーボーの状態だとデリケートゾーンにかいた汗が溜まりやすい
・湿気が高くなることが原因で皮膚常在菌の繁殖が加速しやすい
・陰部が蒸れにくくなるので臭いがこもるのを防げる
・尿やおりものなどの分泌物が付着しにくくなって衛生的な状態を保てる

 

このようなメリットがあるため、すそわきがの臭いを少しでも抑えたいのならばデリケートゾーンの脱毛を行った方が良いのです。

 

もちろん、あくまでも臭いを軽減するだけですし、すそわきがの体質を根本的に改善できるわけではありません。

 

それでも、ビューホット治療や皮下組織削除法といった手術を医療機関で受けるよりも遥かにリスクが低く、身体に大きな負担を加えずに対処できるのです。

 

・両親がすそわきがで悩まされている
・耳垢がベットリとしている
・パンツに黄色いシミが付着しやすい
・ベッドパートナーに陰部の臭いを指摘された
・毎日お風呂に入っているのに臭いを自覚できる

 

上記のような女性はすそわきがの体質だと考えられ、放置して自然と解消されることはないのでハイジニーナ脱毛をエステサロンや美容クリニックで受けてみてはいかがでしょうか。

 

陰部を清潔な状態で保ち、毎日のお風呂で石鹸を使って丁寧に洗い、消臭効果の高いデオドラントクリームを塗布していれば嫌な臭いを克服できます。

 

毎日の丁寧なケアがすそわきがの対策として重要なのは紛れもない事実なので、「体質だから・・・」「遺伝だから・・・」と諦めないでください。

すそわきがとはどのような症状なの?

すそわきがとは皮膚の内部に存在しているアポクリン汗腺から分泌されている物質により、陰部から不快な臭いが発せられる症状のことを指します。

 

わきが⇒脇の下から発せられる臭い
すそわきが⇒デリケートゾーンから発せられる臭い

 

一般的にはわきがの方が有名かもしれませんが、すそわきがで悩んでいる女性は意外と多いのです。

 

脇の下と同じように玉ねぎや納豆が腐ったような臭いと表現されており、以下のような理由で強い臭いが発生します。

 

・常に下着や洋服で覆われている部分なので汗で蒸れやすい
・顔や脇の下のように外出中にウェットティッシュで拭き取ることが少ない
・女性の場合は生理によるおりものの臭いと合わさりやすい

 

陰部はただでさえ臭いやすい部位なのは間違いなく、すそわきが体質の人は余計に酷くなるので女性の大きな悩みの一つなのかもしれません。

 

アポクリン汗腺自体は誰の皮膚にも存在しているものの、すそわきが体質の人はその量が多いという特徴があります。

 

アポクリン汗腺からの分泌物にはアンモニアや尿素といった成分を含んでおり、これを私たちの肌へと棲み付いている皮膚常在菌が分解することでツーンとする臭い物質が生成されるというメカニズムです。

このページの先頭へ